家づくりへの情熱

2014/11/19

【住宅】『フレーミンググリッド』初公開の『上棟式』

 11月1日に宮城県仙台市で、木造住宅の『上棟式』を行いました。何か変ですよね。アサヒグローバルは愛知県と三重県の中小企業の建設会社さんですから、車で10時間もかかる仙台市でなんで工事をやるのでしょうか…(?)できるのでしょうか…(?)

 

しかも東日本大震災の復興工事で、材料費1.2倍、人件費1.5倍ですから建設費が高騰しているのに、どうして四日市と同じ値段で住宅をつくってしまったんでしょうか…(?)大企業の大手住宅メーカーではない中小企業の建設業は『地場産業』と言われています。遠くへ出て工事はできないのが常識でした。

 

ちなみに私の座右の銘は『人のやらないことをする』『人のできないことをする』ですね。だからもともと人からは『変なやつ』と言われますし、実際に私は『変人』なんですね。しかし人に迷惑や損をさせたり、嘘やダマシさえなければ『変人』は本人の自由ですし、私の人生ですから好き勝手にさせていただきたい、のが私の本心です。私を『放し飼い』にして好きなことだけさせておいた方が世の中の為になりますし、お客様にも喜んでいただけることは私の過去の実績で証明されていますから…何の問題もありませんね。

 

ということで今回も『世の中の常識を変える仕事に成功いたしました』。またまたちなみにですが、弊社の社是の中に『世の中を変える仕事に挑戦する』というのがあるくらいですから、本気で真面目に真剣に(ついでに命がけで)、24時間365日、私の頭の中ではそんなことばかり考えています。日本の建設屋さんがやらなかったことに挑戦することは、私にとってはゾクゾクするほど楽しくて、興奮することなんですね。

 

今もこの他に3つも4つもすぐにでも実現したい日本初・世界初を準備していますが、『変人』だとなるだけ言われないように、できてから皆さんには発表したいと考えています。このあと神奈川県の川崎市で300坪も始まりますし、なんと東京都の杉並区でも計画をいただいています。高齢者住宅などは関東では木造で坪80万円から100万円。コンクリートで90万円から120万円。そんな所で弊社が59万円でつくってしまうと、皆さんびっくりして喜んでいただけるのが『私の喜び』でしょうか…。

 

さて自慢話はこれくらいにして、私は先週デンマーク・ドイツの10日間の旅から帰ってきました。今回は社員を延べ20人連れて回っていました。それぞれの国の介護・医療専門の通訳さんや建設設計の大学院を出たレベルの通訳さんを使わないと、デンマーク語やドイツ語での調査や打合せや専門と専門の難しい質疑には答えられませんね。ということで通訳さんにも恵まれて充実した成果を上げることができました。これはまた6ヶ月先、12ヶ月先に『私の自慢話』としてお話しができると思います。ご期待ください。

 

私がどうして建設が好きか。特に住宅(持家住宅・賃貸住宅・高齢者住宅)が好きかと言いますと、『家は家族の宝です』と言われたお客様の言葉が忘れられませんが、弊社の社是『すべては幸せな住まいから』を実現することは命を懸けてもやるべきことで、やりがいがあることで、私の生きがいになっているからですね。

 

はい、私に好きなことをさせて、『放し飼い』にしておいた方がいいねと、皆さんはきっと納得されましたことを感謝申し上げて、私の人生を好き勝手に使わせていただきたい、と決心しております。

上へ戻る

グローバルタウンでお待ちしています!