0120-541-008

営業時間 10:00〜18:00 定休日火曜日

【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

夢のお家コラム

2015年3月10日

# マイホームを建てるまで

注文住宅での価格の確認の大切さ

「坪単価」という表現があります。ハウスメーカーが注文住宅の価格の目安を示すためによく使用しています。しかし、これは『実際の家が建つまでの総価格ではない』ということに注意しなければなりません。

家を建てて最低限の生活ができる状態にするには、電気・水道を引く付帯工事や、エアコン・居室の照明・外構などの別途工事が必要です。注文住宅で建てる場合、住宅本体の価格に加えて、その他の費用がかかってきます。

本来、注文住宅の価格は、その土地の条件や注文内容によって大きく変わるものです。しかし、お客様にとっては目安となる価格がないと検討のしようがありません。そのため、多くのハウスメーカーでは、住まいによって変動する要素を取り除き、お客様がどこに家を建てても変動しない「建物だけ」の価格を「本体価格」として表現します。ちなみに本体価格は、各ハウスメーカーによって計算方法が異なりますので、注意して頂くポイントになります。

また、注文住宅本体の価格もお客様の希望をどこまで盛り込むかによって変わってきます。
本体価格の範囲内で設定されている標準仕様がお客様の希望に合わない場合、仕様を変更することで大きく価格が変動します。
キッチンや床材等の標準仕様が希望と大きく異なる場合だけでなく、ハウスメーカーによっては「ある特定の間取り」のタイプから選ぶことで基本となる本体価格を設定している場合、間取りを変更することで別途費用が加算されますので、ご注意ください。

注文住宅では価格を確認することがとても大切になってきます。
どこまでが標準仕様の範囲なのか、またどれだけの希望を入れることができるのか、確認が必要となってきます。確認することで、後々のトラブルを避けることができるでしょう。