0120-541-008

営業時間 10:00〜18:00 定休日火曜日

【四日市】 Tel.0120-541-008
【桑名】 Tel.0120-932-144
【鈴鹿】 Tel.0120-002-047
【津】 Tel.0120-080-311
【一宮】 Tel.0120-597-011
【尾張旭】 Tel.0120-02-8670
【春日井】 Tel.0120-96-9466

営業時間 10:00〜18:00  定休日 火曜日

夢のお家コラム

2015年3月25日

# その他

固定資産税

今後新しい住まいをお考えの皆様、新築の戸建てにしようか、マンションにしようかと迷われている方はたくさんいらっしゃるかと思います。果たして新築の戸建とマンション、どちらが良いのでしょうか。

マンションにした場合、建っている物の購入となりますので、土地を新しく探さなくてもよろしいですし、すでに出来上がっているので実際住むまでの期間が早くなります。そして住まいにかかってくる固定資産税もかかってきません。しかしマンションですと、ご自身のお庭は取れないなど自由が効きません。一方、新築の戸建てだと、無いものを一から作っていくので、住むまでに時間がかかります。さらに固定資産税もかかってきます。

さて、家を建てるときに必ず付いてくるのが固定資産税です。こちらは新築であろうが、中古であろうが、かかってきます。固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村が課する税金です。
固定資産税は「賦課(ふか)課税制度」といって、地方公共団体が自動的に税額を計算し、納税通知書が送られてきます。固定資産を評価した上で、その価格をもとに課税標準額を算定し、税率をかけて求められます。

このように住まいには建物にかかる費用だけでなく、いろいろな税金等がかかって来ますので、新築等をお考えであれば、そのようなところも考慮して進めていくべきだと思います。詳しくはお問い合わせ下さい。ただ今、お問い合わせ頂いた方には、カタログなど各種資料をプレゼントしております。